カテゴリ

詐欺被害事案対応事務所〔PR〕

 

詐欺被害事案対応事務所〔PR〕

 

77歳女性、特殊詐欺で1600万円被害…弁護士名乗る男から電話 和歌山・有田川町

最終更新日:
 和歌山県警湯浅署は25日、同県有田川町の無職の女性(77)が現金1600万円をだまし取られる特殊詐欺被害に遭ったと発表した。

 同署によると、女性宅に今年2月ごろ、老人ホームの入居案内が届いた後、ホーム関係者を名乗る男からの依頼で、名義貸しとして書類を郵送。その後、弁護士を名乗る男が電話で「名義貸しが分かれば財産が差し押さえられる」などとして、現金を一時、預けるように指示、女性は3~6月、6回にわたって現金計1600万円を郵送したという。

 同署では「現金を郵送などさせるのはすべて詐欺の手口」と注意を呼びかけている。

産経新聞より引用